マックノート彗星(C/2006P1)

AstroArtsのHPによると、この彗星はRobert McNaught氏によって2006年8月に発見されました。
発見時は17等級でしたが、今年に入ってどんどん明るさを増し、
下の写真にあるように、昼間青空をバックに見ることができました
太陽観測衛星SOHOのカメラ LASCO C3の視野にもとらえられています。

2007年1月14日
2007年01月14日17h01m(JST)〜 
TAi AF Zoom Nikkor ED 80〜200mm F2.8D →F4  + Nikon D80 1/250s×2
StellaImage5で合成&デジタル処理 中央50%トリミング
撮影地: 群馬県前橋市柏倉町

下のごつごつした山は妙義山です。ネットで見る11日のイメージよりかなり暗くなってしまったようでした。

2007年1月13日
2007年01月13日12h00m(JST)〜 
Takahashi FSQ-106 + Nikon D80 1/2500s×10
川上勇氏製作31cm用赤道儀 ノータッチ撮影 Vixen製Skysensor2000PC
StellaImage5で合成&デジタル処理 中央50%トリミング
撮影地: 群馬県桐生市宮本町

青空をバックにしての撮影です。1/2500秒で彗星を撮影するなんて考えもしませんでした。

トップページ 彗星のページ 天体写真ギャラリー 日記(blog)